私たちの答え

answer01

子供たちの生活のベースは当然ながらカンボジア。地域の学校に通いながら、自国の教育と文化を学ぶのはもちろん!将来たくさんの選択肢を持てるよう…

  • 英語教育
  • パソコンなどの職業スキル
  • 日本式のモラルや礼儀 など

子供たちの段階に合わせ、グローバル社会に通用する環境を提供します。

 

answer02

頭が良くても不幸な人はたくさんいます。「知識」だけでは本当に豊かな生活をおくることは出来ません。「知恵」とは生きる力です。人との出会いから様々な経験を繰り返し、「知識」を「知恵」に変えていきます。

「知恵」を得るには、決まった方法はありません。だからスタッフ一同、「子供たちと一緒に悩み、挑戦する」ことが大事。その姿を見せ続けることで、共に成長していきます。

 

answer03

人はひとりでは生きていけません。

「愛情」を受けて育った子は、まず「自分」を愛することが出来るようになります。その後さらに愛情を受け「家族」を、そして「友人」、更に「社会」を愛するようになっていくのです。このように愛情の器が大きくなればなるほど、多くの人と愛を共有出来るようになります。

私たちは皆、生まれる時はひとりから始まり、ひとりで死んでいきます。それでも、ひとりでは生きていけないのです。それは私たちも同じです。だから子供たちと「家族」になり、「仲間」になるのです。あなたも私たちの愛情の輪に参加してみませんか?

 

カンボジアの孤児院の問題 < 【私たちの答え】 > ご支援のお願い 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>